忍者ブログ

テキトー母の育児書モドキ

思いつくままテキトーに。

[PR]

2017/08/24(Thu)13:47

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

季節感を楽しもう

2009/05/08(Fri)13:17

都会で季節を感じることって、あんまり無いことだと思います?

私は、千葉県市川市に住んでいましたが、住宅地ではあるものの、江戸川も近かったし、よく家族でピクニックしたり、その時に見つけた菜の花を採って夕食におひたしにしたり、近くの用水路ではまだザリガニもウジャウジャいたし、バッタもセミも色んなところで捕まえました。あそこはイナゴが沢山いるんだ!とかね。やりませんでした?子どもの頃は、いちいち「ああ、桜だわ。もう春なのねぇ」なんて事は思いませんでしたが、ちゃんと季節のもので楽しみ、体で感じていました。

ところが今では、わざわざバーベキューしに郊外の川原へ!来週末は、あそこの牧場へ!で、帰りは渋滞…。自然と触れ合うのも一苦労だったりするわけです。

でも、もっと身近なことで季節を取り入れていくことだって、もちろんできます。たとえば、お花屋さんにならぶキレイなお花。季節のお花を飾ってみるだけでも、子どもは嬉しいし、ママだって素敵な気分になること間違いなし!近所に咲いているタンポポを花から綿毛になるまで観察して、最後は摘んで吹いてみたり。野鳥の鳴き声で何の鳥かを当てたり、季節で出てくる虫を観察したり。季節の美味しい果物や野菜や魚をお店で買ったり。都会だって捨てたもんじゃありません。それに子どもは、こんなもんでも十分楽しめるのではないかと思います。もちろん、たまには大自然を味わいに郊外に出かけるのも、親子共にリフレッシュできて素敵な週末になるでしょう。

そして、子どもが楽しんでいる時には、言葉掛けはそこそこに。子どもの目線で見る世界を大切にしてあげることも、十分に楽しむには必要なことです。でも、楽しめていなさそうな時には、恥ずかしがらずに大人が見本になって、こういう所が面白い!素敵だ!と自ら楽しんで見せてあげましょう!とにかく、何でも楽しめれば勝ち、なんです。良い見本は、ママだったりパパだったり、大好きな人なんですよ。だから、どんな小さな事でも楽しみましょう。小さい頃に楽しいことを見つける名人になれば、大人になってもハッピーな時間を作り、ハッピーに過ごすのが上手になるはずです。

PR

No.9| Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字